スタッフブログ|屋根リフォームならヤネザル|さいたま市の屋根リフォーム・雨漏り・防水ならお任せ

MENU
屋根リフォーム・雨漏り・防水専門店 ヤネザル

お気軽にお問い合わせ下さい

0120-86-8236

  • 受付9:00~18:00
  • 定休日火曜日・水曜日

スタッフブログSTAFF BLOG

HOME / スタッフブログ / 屋根リフォーム🏡【③屋根リフォームにかかる費用】

屋根リフォーム🏡【③屋根リフォームにかかる費用】

2022.09.20 (Tue) 更新

皆様、こんにちは!

さいたま市見沼区膝子交差点の、屋根リフォーム・雨漏り・防水専門店のヤネザルです。

実は新築を建てるよりも難しいとも言われる屋根リフォーム。

今回は最終回である、③屋根リフォームにかかる費用について、です。

今回は、~③屋根リフォームにかかる費用について~

屋根のリフォームをするのにかかる費用の相場と工期の目安について見ていきましょう。

屋根リフォームにかかる費用は?

屋根のリフォーム工事費用の相場(30坪の家の場合)についてご紹介します。

工事内容 リフォーム工事総額の費用相場 特徴
塗り替え 15万円~45万円 ・費用が安く工事が短い
・耐用年数が短い
重ね葺き(カバー工法) 60万円~150万円 ・塗り替えより長持ちで葺き替えより安価
・再メンテナンス時に費用がかさむ
葺き替え(張替え) 80万円~350万円 ・家を長持ちさせることができる
・費用が高い

※ただし、30坪の家の場合

 

屋根のリフォームは基本的に、使用する材料と必要な作業工程によって費用が決まります。
例えば、作業工程の難易度が上がったり、数が増えたりすれば、費用は高くなります。
費用相場が1番高い「葺き替え」リフォームは、作業の難易度が高く、工程の数も多いです。

また、リフォームで使用する材料が高いものであれば、工事費用は高くなります。
同じ施工方法でも、費用相場に幅があるのはそのためです。

さらに施工方法によって、費用だけでなく、かかる工期や仕上がりなどが全く違います。

~それぞれの工事の必要な費用の目安と工事内容~

ここからは、それぞれの施工方法について、必要な費用の目安と工事内容を、詳しく紹介していきます。

①塗り替え工事の費用相場

塗り替えリフォームは、屋根の色あせや汚れなどが目立ってきたときに行います。
主に瓦など、耐用年数が長い屋根材を使用している屋根のメンテナンスにおすすめです。
屋根材が破損してしまったり、雨漏りが発生したりしている場合は、重ね葺きか葺き替えリフォームを選択しましょう。

塗り替え工事にかかる費用は、大きく3つで、「足場代」「塗料代」「人件費」になります。施工面積が増えれば屋根材1㎡あたりの価格は下がります。
足場代は、30坪の家の場合、10万円~20万円ほどが相場です。
人件費は業者によって「工事費の5%~10%」「10万円」など業者によって様々です。

塗り替え工事の費用のほとんどは、塗料代です。
そのため、どんな塗料に塗り替えるかで、費用の相場が変わります。

無機塗料やフッ素系塗料など、価格の高い塗料ほど耐久性も高めの傾向にあります。アクリル樹脂やウレタン樹脂塗料だと費用は安く済みますが、耐久性が弱いため次の塗装までの期間は短くなります。

しかし、塗料によって性能も異なるため、費用だけで塗料を選ぶのはおすすめできません。
塗料ごとの耐用年数や性能なども考えて塗料を選びましょう。

工期は1週間から2週間程度です。

 

②屋根の葺き替え

屋根の葺き替えも、塗装では対応が難しい場合に行うリフォーム方法です。

張り替えリフォームでは、古い屋根を外し、新しい屋根を取り付ける工事を行います。

既存の屋根材を撤去するため、重ね葺き以上に大掛かりな工事になります。
屋根材が剥がれていたり、雨漏りが発生したりしている場合、張り替えリフォームがおすすめです。
使用できる屋根の材料の幅が広いため、屋根のメンテナンスだけでなく、見た目の雰囲気を変えることもできます。

葺き替えでかかる費用は屋根材の種類などによって差がありますが、70万円から140万円程度が相場です。

主に重ね葺きでの対応が難しい場合や、屋根材の下に設置されている防水シートなどの交換も行いたい場合に葺き替えを行います。工期の目安は1週間から10日程度です。

 

③屋根の重ね葺き(カバー工法)

古い屋根材の場合には塗装だけでは劣化に対応するのが難しく、屋根の重ね葺きを検討することもあります。

重ね葺きとは、今ある古い屋根の上に、新しい屋根を載せる工事のことです。
屋根全体が傷んでいたり、雨漏りがあったりする場合で、アスベストが含まれている屋根のリフォームにおすすめです。
上から新しい屋根を載せるだけなので、古い屋根を剥がしたり処分したりする必要がある葺き替え工事よりも安価に施工できます。

重ね葺きなら、古い屋根材を撤去する必要はないため、解体費用や廃材処理費用などはかかりません。葺き替えと比べると、その分だけ費用を抑えられるのがメリットです。

ただし、屋根材の種類によっては重ね葺きが難しい場合があります。また、屋根全体が重くなるため、耐震性が弱くなる可能性も考えなくてはなりません。

また、少しでも屋根を軽くするために、新しい屋根にも軽くて丈夫な屋根材しか使えません。
多くの場合、「ガルバリウム鋼板」という屋根材が使われます。
リフォームで屋根の見た目にもこだわる人は、カバー工法ではなく葺き替えをおすすめします。

重ね葺きの費用相場は60万円から150万円程度と捉えておくと良いでしょう。

重ね葺きでリフォームした屋根は、メンテナンスとして約20年後に葺き替え工事が必要です。
ただし、重ね葺きをした屋根を葺き替える場合、2枚の屋根を撤去しなければいけないため、費用がかさんでしまうのです。

工期は4日から1週間程度と、比較的短期間で済みます。

屋根リフォームを節約するには…

工事の種類や使用する材質によって費用は変わりますが、屋根のリフォームは高額になることも少なくありません。
しかし、工夫次第で費用を節約することが可能です。

【~屋根リフォームを節約するPOINT4つ~】

  • 自然災害によるリフォームであれば、火災保険を適用する
  • 複数の業者から見積もりを取る
  • 他部分のメンテナンスと一緒にリフォームを行う
  • 優良業者のポイントを知る

    4つの方法を意識して、少しでも費用を抑える工夫をしましょう。

    まとめ

    重ね葺きや葺き替え・張替えなどでは、新しい屋根材を必要とします。
    屋根材にかかる費用は、種類によって変わりますが、耐久年数が長いほど費用が高くなる傾向があります。

    屋根材は、種類ごとによって費用だけでなく、特徴も異なるため、自宅にぴったりの屋根材を見つけましょう。

    弊社ヤネザルでは、意匠性や美しい演出に優れたROOF TF「一閃」シルキーG2といったこだわりの屋根材をご提案しております。

     

    以上、ここまで屋根リフォームについて、これまで3回に分けて説明してきました。

    屋根は家の中で一番大事な部分です。この部分が傷んでいる場合、大事なご自宅での生活を維持することが困難になります。

    築年数が経っている方は、一度屋根の健康診断をされることをおススメします。

    弊社ヤネザルでは、無料で診断、相談、見積を行っております。お気軽にお問合せください。

     

    最後までご覧いただき、ありがとうございます。

    ◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆

    屋根リフォーム・雨漏り・防水専門店 ヤネザル

    住所:〒337-0021  埼玉県さいたま市見沼区膝子750

    フリーダイヤル:0120-86-8236(営業時間9:00~18:00/火・水定休)

    ◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆

    ご来店予約

    診断無料

    0120-86-8236 受付 9:00~18:00 定休日 火曜日・水曜日 お電話でのご依頼もお気軽にどうぞ

    無料診断依頼
    メールフォーム

    屋根工事のお役立ち情報

    無料屋根診断 現金負担0円のリフォーム お客様の声

    スタッフ・職人紹介