スタッフブログ|屋根リフォームならヤネザル|さいたま市の屋根リフォーム・雨漏り・防水ならお任せ

MENU
屋根リフォーム・雨漏り・防水専門店 ヤネザル

お気軽にお問い合わせ下さい

0120-86-8236

  • 受付9:00~18:00
  • 定休日火曜日・水曜日

スタッフブログSTAFF BLOG

HOME / スタッフブログ / 工場から雨漏り!修理のポイントや費用の相場とは?

工場から雨漏り!修理のポイントや費用の相場とは?

雨漏りスタッフブログ

2024.06.02 (Sun) 更新

いつもスタッフブログをご覧いただき誠にありがとうございます!

さいたま市見沼区の屋根リフォーム・雨漏り・防水専門店ヤネザルです。

 

 

工場の雨漏りは、生産設備や製品に深刻な影響を及ぼす可能性があり、迅速かつ的確な修理が求められます。この記事では、工場雨漏りの修理に関する重要なポイントと費用相場について詳しく解説していきます!

 

 

工場の雨漏りのリスク

さいたま市見沼区 工場波板屋根交換工事 施工写真

 

工場における雨漏りは、さまざまなリスクを伴います。これらのリスクは、工場の運営、設備、製品、そして従業員の安全に直接英城を与えるため、迅速かつ適切な対策が必要です。以下に、工場雨漏りの主なリスクについて詳しく説明します。

 

1.生産ラインへの影響

生産停止や遅延:雨漏りが生産ラインに直接影響を与えると、機械や装置が故障し、生産が停止する可能性があります。これにより、納期の遅延や顧客への影響が生じることがあります。

 

製品の品質低下:雨水が製品や原材料に触れると、品質が低下するリスクがあります。特に、精密機械や電子部品など、水に敏感な製品にとっては致命的です。

 

2.設備の損傷

 

機械や装置の故障:雨漏りによって水が機械や装置内部に侵入すると腐食やショートなどの故障が発生します。これにより、修理や交換が必要となり、大きなコストが発生します。

 

電気設備のショートや火災:電気委設備に水が浸入すると、ショートや火災のリスクが高まります。これにより、重大な事故が発生する可能性があります。

 

 

3.建物の損傷

 

構造的なダメージ:雨漏りが長期間放置されると、建物の構造にダメージを与える可能性があります。特に、木材が使用されている部分では、腐食やカビの発生が懸念されます。

 

内装の損傷:雨水が内部に侵入すると、天井や壁、床などの内装が損傷します。これにより、修復コストが増加します。

 

4.安全性の低下

 

労働環境の悪化:雨漏りがあると、労働環境が悪化し、重合員の健康や安全に悪影響を及ぼします。湿気やカビが発生することで、呼吸器系の問題が生じる可能性があります。

 

滑りやすい床:雨水が床にたまると、滑りやすくなり、天狼事故のリスクが増加します。これにより、労働災害が発生する可能性があります。

 

5.経済的リスク

 

修理コストの増加:雨漏りを放置すると、損傷が拡大し、修理コストが増加します。早期に対策を講じることで、コストを抑えることが可能です。

 

保険料の上昇:雨漏りによる損傷が多発すると、保険料が上昇する可能性があります。これにより、経営コストが増加します。

 

ブランドイメージの低下:生産遅延や品質低下が続くと、顧客からの信頼が失われ、ブランドイメージが低下するリスクがあります。これにより、売上が減少する可能性があります。

 

工場の雨漏りは、以上のようなリスクを伴います。信頼できる専門業者に相談し、適切な対策を講じることで、工場の安全性と効率を維持することができます。

 

 

雨漏りが起きにくい屋根の材料とは?

さいたま市見沼区 工場波板屋根交換工事 施工写真

 

工場の雨漏りを防ぐためには、適切な屋根材を選ぶことが重要です。工場は通常、広い面積を持ち、高い耐久性と防水性が求められるため、以下のような屋根材が適しています。

 

 

1.金属屋根

 

ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板

特徴:ガルバリウム鋼板はアルミニウムと亜鉛の合金で、耐食性と耐候性に優れています。非常に軽量で、設置が容易です。

防水性:表面が滑らかで、水が流れやすいため、雨漏りのリスクが低減します。

耐久性:長寿命で、定期的なメンテナンスを行えば、50年以上の耐用年数を持つことがあります。

 

アルミニウム屋根

アルミニウム屋根

特徴:アルミニウムは軽量で腐食に強く、リサイクル可能な環境にやさしい素材です。

防水性:防水性に優れており、錆びにくいため、海岸近くの工場でも安心して使用できます。

耐久性:耐候性が高く、紫外線や酸性雨にも強いです。

 

2.合成樹脂屋根

 

FRP(繊維強化プラスチック)屋根

特徴:繊維強化プラスチックは、ガラス繊維で強化されたプラスチックで、非常に軽量でありながら強度があります。

防水性:完全防水で、シームレスな仕上がりが可能です。

耐久性:耐候性が高く、化学薬品にも強い特性を持っています。工場環境での使用に適しています。

 

ポリカーボネート屋根

特徴:ポリカ―ボネードは、透明性が高く、衝撃に強いプラスチック素材です。光を通す性質がある為、自然光を取り入れることができます。

防水性:防水性が高く、紫外線にも強いため、劣化が少ないです。

耐久性:高い耐久性を持ち、長期間にわたって安定した性能を発揮します。

 

3.セメント系屋根

 

波形スレート

特徴:セメントと繊維を混ぜて作られた波形の板状で、工場の屋根材として広く使用されています。

防水性:防水性に優れていますが、定期的な防水処理が必要です。

耐久性:耐久性が高く、適切なメンテナンスを行えば30年以上の寿命を持ちます。

 

4.その他の防水対策

 

防水シート

特徴:屋根材の下に敷くことで、二重の防水層を形成します。特に雨漏りのリスクが高い部分に使用されます。

防水性:たかい防水性を持ち、雨漏りのリスクをさらに低減します。

耐久性:防水シート自体も耐久性があり、定期的なチェックと交換で長期間使用できます。

 

工場の雨漏りを防ぐためには、適切な屋根材を選ぶことが重要です。工場の用途や環境に最適な屋根材を選び、定期的なメンテナンスを行う事で、長期間にわたって雨漏りを防ぐことができます。

 

 

 

工場雨漏り補修工法選び方

さいたま市北区 屋根外壁塗装 シーリング処理

 

工場の雨漏り補修工法を選ぶ際には、工場の構造や雨漏りの原因、修理の目的などを総合的に考慮する必要があります。

 

補修工法の種類と選び方

雨漏りの原因や箇所に応じて、適切な補修工法を選びます。主な補修工法が以下の通りです。

 

防水シート工法

【特徴】

防水シートを屋根全体に敷設することで、防水層を形成します。

 

【適用箇所】

広い面積の屋根に適しています。

平屋根や緩勾配の屋根に特に有効です。

 

【メリット】

大面積を一度にカバーできる。

防水性能が高い。

 

【デメリット】

施工に時間がかかることがある。

シートの接合部に注意が必要。

 

ウレタン防水工法

【特徴】

液状のウレタンを塗布し、硬化させることで防水層を形成します。

 

【適用箇所】

複雑な形状の屋根や細かな部分にも適用可能。

 

【メリット】

弾性があり、ひび割れに強い。

つなぎ目がないため、シームレスな防水層が作れる。

 

【デメリット】

施工に技術が必要。

紫外線に弱いため、トップコートが必要。

 

シーリング工法

【特徴】

接合部やつなぎ目にシーリング材を重鎮して防水します。

 

【適用箇所】

屋根のつなぎ目や壁のクラック部分

 

【メリット】

比較的簡単で、部分的な補修に適している。

低コスト。

 

【デメリット】

広い面積には不向き。

定期的なメンテナンスが必要。

 

塗膜防水工法

【特徴】

防水塗料を屋根や壁に塗布し、防水層を形成します。

 

【適用箇所】

金属屋根やコンクリート屋根

 

【メリット】

つなぎ目がなく、均一な防水層を形成。

比較的短時間で施工可能。

 

【デメリット】

耐久性は材料によるが、定期的な再塗装が必要。

金属屋根重ね葺き工法

【特徴】

既存の屋根の上に新しい金属屋根を重ねて設置する。

 

【適用箇所】

金属屋根やアスファルトシングル屋根

 

【メリット】

既存の屋根を撤去する必要がないため、工期が短い。

二重構造で防水性能が高い。

 

【デメリット】

新しい屋根の重量を考慮する必要がある。

比較的高コスト。

 

補修工法の選定基準

補修工法を選ぶ際には、以下の基準を考慮しましょう。

 

屋根の材質と構造

金属、コンクリート、アスファルトなど、屋根材に適した工法を選びます。

雨漏りの範囲

部分的な雨漏り化、広範囲に及ぶかで工法が異なります。

予算

予算に応じて、最適な工法を選びます。コストパフォーマンスを重視することが重要です。

施工環境

施工時期や工場の稼働状況を考慮し、最適な工法を選びます。

耐久性とメンテナンス

長期的な耐久性とメンテナンスの手間を考慮します。

 

工場雨漏りの修理費用相場は?

雨樋交換費用相場

 

工場の雨漏り修理費用は、修理の規模や方法、材料の種類、地域の物価、業者の料金設定などによって大きく異なります。

以下に、工場雨漏り修理の費用相場を補修工法別でご紹介します。

 

1.防水シート工法

費用相場:1平方メートルあたり3,000~7,000円程度

ポイント:シートの品質や厚みによって価格が変動します。広範囲に適用するため、全体の施工面積が費用に影響します。

 

2.ウレタン防水工法

費用相場:1平方メートルあたり4,000~10,000円程度

ポイント:施工が複雑で手間がかかるため、施工費用が高めです。屋根の形状や状態によって、追加の下地処理が必要になることがあります。

 

3.シーリング工法

費用相場:メートルあたり500~2,000円程度

ポイント:比較的低コストで施工できますが、広範囲には適していません。定期的なメンテナンスが必要です。

 

4.塗膜防水工法

費用相場:1平方メートルあたり3,000~8,000円程度

ポイント:使用する塗料の種類や施工方法により価格が変動します。塗膜の厚みや施工回数によっても費用が変わります。

 

5.金属屋根重ね葺き工法

費用相場:1平方メートルあたり5,000~15,000円程度

ポイント:新しい屋根の重量を支えられるか確認が必要です。高品質な金属屋根材を使用する場合、費用が高くなります。

 

6.屋根全体の張替え

費用相場:1平方メートルあたり10,000~30,000円程度

ポイント:根本的な解決が図れますが、最も費用が掛かります。工期が長くなり、工場の稼働に影響を与えることがあります。

 

追加費用の考慮

調査・診断費用:雨漏りの原因を特定するための調査費用が発生する事があります。(5万円から10万円程度)

下地処理費用:屋根や壁の下地が劣化している場合、補修費用が追加で発生する事があります。

足場設置費用:高所作業が必要な場合、足場の設置費用が追加されることがあります。(10万円~50万円程度)

保証とメンテナンス:長期的な補償や定期メンテナンス契約が必要な場合、追加費用が発生する事があります。

 

料金メニュー

 

まとめ

費用相場

工場雨漏りの修理費用は、選択する補修工法や修理範囲、材料の種類、施工業者の料金設定などによって大きく異なります。事前に複数の業者から見積もりを取り、工場の状態や予算に最適な工法を選ぶことが重要です。

また、雨漏りの原因を正確に特定し、適切な補修工法を選ぶことで、長期的なコスト削減を行う事が出来ます。信頼できる専門業者と相談し、詳細な見積もりと補修計画を立てることをおすすめします。

 

あわせて読みたい記事↓

 

 

倉庫の屋根から雨漏り!修理のポイントや雨漏り対策について

 

ビルの雨漏り原因と応急処置方法とは?

最後に

さいたま市見沼区のヤネザルでは埼玉県内(白岡市、上尾市、北葛飾郡松伏町、深谷市、蓮田市、春日部市、川口市、さいたま市)の屋根修繕やベランダのひび割れ、雨漏りなどのご相談や見積りを無料で行っております。

是非お気軽にご連絡ください!!

◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆

屋根リフォーム・雨漏り・防水専門店 ヤネザル

住所:〒337-0021  埼玉県さいたま市見沼区膝子750

フリーダイヤル:0120-86-8236(営業時間9:00~18:00/火・水定休)

◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆

ご来店予約

診断無料

0120-86-8236 受付 9:00~18:00 定休日 火曜日・水曜日 お電話でのご依頼もお気軽にどうぞ

無料診断依頼
メールフォーム

屋根工事のお役立ち情報

無料屋根診断 現金負担0円のリフォーム お客様の声

スタッフ・職人紹介