塗装できない屋根|屋根リフォームならヤネザル|さいたま市の屋根リフォーム・雨漏り・防水ならお任せ

MENU
屋根リフォーム・雨漏り・防水専門店 ヤネザル

お気軽にお問い合わせ下さい

0120-86-8236

  • 受付9:00~18:00
  • 定休日火曜日・水曜日

塗装できない屋根UNPAINTABLE ROOF

HOME / 塗装できない屋根

その屋根塗装ちょっと待った!
塗れない屋根があるって本当?

屋根のメンテナンス方法には、屋根塗装、屋根カバー工法、葺き替えの3種の工法があります。中には塗装に適したものから葺き替えが必要なものまで実は屋根の特徴と劣化状況によって最も適した工法は変わってくるのです。

昨今では、塗装に適さない屋根に対して塗装してしまい、せっかくお金と時間をかけて工事をしても、屋根のトラブルが引き起こされてしまうケースが後を絶ちません。

屋根はリフォーム職人の中でも特に専門性の高い業界です。「その屋根のメンテナンス方法が本当に塗装であっているのか」必ず屋根のメンテナンスをされる方は一度プロに相談をしてみてください。

どんな屋根材だと塗れないの?

いくら塗装しても割れます!塗装しても割れる屋根材

既に吸水してもろくなり割れが発生していたら、いくら塗装しても割れます。
補修して塗装すれば一時的に治るが他が割れるリスクは高く、「20年もつ」と言われる塗料でも地震やヒョウによる屋根材の割れは防げない。塗装はあくまで吸水予防で行うのであり、基材の強度回復はできません。

おすすめの屋根メンテナンス方法

屋根カバー工法

既存の屋根材の上に新しい屋根材を取り付ける工事

カバー工法は既存の屋根材の上に新しく屋根材をかぶせるメンテナンスです。
工期が短く、廃材が出ないため、葺き替えに比べ工事費用が安く抑えられる特徴があります。

屋根カバー工法施工事例

屋根葺き替え工法

劣化した屋根材を撤去して新しく屋根を葺き替える

葺き替えとは、既存の瓦や金属板などを撤去して、新しい屋根材で葺き替えるメンテナンス方法です。下地から補修・点検できるため、屋根の寿命を大きく伸ばすことができます。

屋根葺き替え工法施工事例

ComingSoon!
ただいま準備中です。

おすすめプラン

30年コスト比較

メンテナンスは劣化状況とライフプランに合わせて選ぶことをおすすめしています。
まずはメンテナンスの種類と予算帯を知っておきましょう。それぞれのメンテナンス方法の特徴を知ることで、皆様に合ったメンテナンス方法を見つけることができます。

耐久年数30年のライフサイクルで比較すると、カバー工法は塗装に比べて初期費用は高くても、耐久性が高いため、その後の維持費用は安く済みます。

※メンテナンス及び金額についてはモデルケースを目安に算出したものになります。

ヤネザル ヤネザル

屋根や外壁をしっかりお手入れしておくことで、家の寿命は長くなります。
どれか一つでも症状が出ていたら、無料診断をご利用下さい。

ヤネザル

「今すぐ工事が必要?」「長く、持たせる方法は?」

ヤネザル
  • 専門アドバイザーの無料点検
  • 見積もりも無料
  • 最短即日対応

診断無料

0120-86-8236 受付 9:00~18:00 定休日 火曜日・水曜日 お電話でのご依頼もお気軽にどうぞ

無料診断依頼
メールフォーム

ご来店予約

屋根工事のお役立ち情報

無料屋根診断 現金負担0円のリフォーム お客様の声

スタッフ・職人紹介