施工事例|屋根リフォームならヤネザル|さいたま市の屋根リフォーム・雨漏り・防水ならお任せ

MENU
屋根リフォーム・雨漏り・防水専門店 ヤネザル

お気軽にお問い合わせ下さい

0120-86-8236

  • 受付9:00~18:00
  • 定休日火曜日・水曜日

施工事例WORKS

HOME / 施工事例 / 松伏町で雨漏り補修工事を行いました

松伏町で雨漏り補修工事を行いました

2022.11.26 (Sat)

施工前BEFORE
施工後AFTER

北葛飾郡松伏町 H様邸 施工データ

工事内容 雨樋交換
施工日数 1日
工事金額 30万円

お客様のご要望

雨樋に穴が空いているので修理をしてほしい。

担当者より

今回は、あのプロゴルファー、石川遼君の地元、松伏町にて雨樋補修の見積依頼をいただきました。

雨樋は外壁に屋根を伝って落ちてきた雨水が外壁に当たらないように守る役目を果たすものです。

屋根の傾斜などによって流れてきた雨水がそのまま地面に流れてしまうと、想像できますよね。落ちた雨水が建物の表面や土台を濡らすことになります。それが原因で、湿気の発生により建物基礎部分の腐食、またそのことからシロアリの発生をも引き起こすなど、雨樋は建物の劣化を防ぐにはとても重要な役目を果たしているのです。

あの雨樋に穴が空いているということは、雨樋がない状態である家と同じであり、そのまま落ちた雨水が地面に落ち、その跳ね返りが外壁に当たることで外壁の劣化を進行させてしまいます。

お客様も大変お困りのようでしたので、早速現地調査に行ってまいりました。

現地調査

お客様のご自宅は、純和風の趣きと落ち着きのある外観です。

壁はモルタル、屋根は瓦屋根の重厚感のあるご自宅です。

早速雨樋を拝見させていただくと、ごらんのような状況となっておりました。

集水器の手前に大きな穴が空いています。雹などにより雨樋に穴が空いてしまうことが多く、よく台風の時期などに雨樋補修の依頼をお受けします。

これでは、せっかく雨水が屋根から伝って雨樋に流れても、結局集水器手前で落ちてしまい、結局外壁に当たって壁の劣化を進行させることとなります。

このことをお客様にお伝えしたところ、複数の業者と比べた結果、弊社にご依頼をしていただけれることとなりました。

この度は大事なご自宅の修繕を弊社にお任せいただき、誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

工事写真レポート

  • 2階軒樋 交換前
    一部割れが確認できます。雨漏りの原因となります。
  • 2階軒樋 交換後
  • 雨漏り補修工事
    壁と瓦屋根の取り合い部分のシーリングが欠損し、ここから雨水が浸水し、雨漏りの原因となります。
  • 養生テープ 貼り付け
    養生テープを貼り、シーリングを打設していきます。
  • シーリング処理
    シーリング処理をしたことで、雨水の浸水を防ぐことができました。
  • 破風板部分 巻き工事前
  • 破風板金 巻き工事後
  • 庇下 シーリング処理前
    隙間があり、雨水が浸水する可能性があるので、この隙間をシーリング処理しました。
  • 庇下 シーリング処理後
    これで雨漏りの心配もなくなりました。
  • 目隠し板 交換前
  • 目隠し板 交換後
    見た目も綺麗な仕上がりとなりました。
  • 2階フラワーBOX 塗装前
    色あせが確認できます。塗装が剥げ、雨水を吸収することで劣化を進めてしまいます。
  • 塗装後
    塗装したことで艶が出て、また木部の劣化やカビなどを防ぎ、防腐効果も実感していただけることと思います。

ご来店予約

診断無料

0120-86-8236 受付 9:00~18:00 定休日 火曜日・水曜日 お電話でのご依頼もお気軽にどうぞ

無料診断依頼
メールフォーム

屋根工事のお役立ち情報

無料屋根診断 現金負担0円のリフォーム お客様の声

スタッフ・職人紹介